« febbraio 2006 | Principale | maggio 2006 »

martedì, marzo 14, 2006

おすそわけ

しばらくチョコレート週間です。

ホワイトデーのお返しのおすそ分けでいちご大福をいただきました。完全にいちごが入っちゃってるやつじゃなくて、大福に切れ込みを入れて、いちごがはさまってるタイプ。最近こうなの?菓子工房玉木屋と書いてあります。こし餡(白)、粒餡(ピンク)、抹茶餡(緑)とあったのでめずらしい抹茶餡のイチゴ大福を選択。
06-03-14_14-16_1
横顔が恐竜みたいでおちゃめ。
06-03-14_14-17
正面から見るとちょっぴりロックテイストでもあります。

ごちそうさまでした。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì, marzo 09, 2006

機種変更とか

携帯の機種変更をしました。
別に不都合という不都合は感じてなくて、充電もまだまだ持つし、変えたいと思うデザインもなくて、何よりもパケ機とか3G機に変更すると料金コースを変えなくちゃいけなくて、それは今より確実に高くなるので、今まで機種変更してなかったのです。

前々から変えようとは思ってたのだけど、今日変更した理由は後輩に「貧乏くさいよ、それ」と言われたから。一応常識的な優しさはある子なので、本当に(それ以外言いようがなく)貧乏くさかったに違いない。確かに3月の今頃に変えた機種なので今月でマル4年、色がガビガビにはげちゃってて、J-PHONEの文字も削れて読み取りづらくなってる。ビンボくさいと言えばビンボくさいかも。で、ああそうねぇ。。「襟も袖口も擦り切れちゃってるし、汚いからもう捨てなさい」「えーでもまだ着れるしー」とかお気に入りにしがみついてる感覚に近いかもなぁ。と。

それで、お昼休みに機種変更したわけですが、料金コースはやっぱり変えたくなかったので非パケ機を選択。V403SHの水色のやつ。別にデザインが気に入ったわけでもなく。新しい携帯に変えたという喜びもあまりない。よくよく考えれば、機能より料金コースにこだわる人間が「貧乏くさい」という言葉に反応する必要はなかったかなぁ、という反省もじわじわと。
そりゃぁ、ファッションとして考えればイマイチかもしれないけれど、モノとして考えれば使えなくなったときが寿命でしょう。そんなことないの?

横でみすずが聞こえよがしに「だって新しいものが出たらすぐ欲しいですよねえ」とか言い、隣で派遣の女の子が「ええ、すぐ買いますよねぇ」などと同調している。携帯って、そういうものなのか?
とか言ってる私は時代に乗り遅れてるのか?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì, marzo 08, 2006

なんかね

飽きちゃったので、テンプレートを頻繁に変えてみることにする。

ところで、JRの改札でioカードが使えなくなったことが気に入らない。「利便性がなくなっちゃいましたからねー」だって。あほか。利便性があるかどうかを決めるのは利用者じゃ。

こっちのが便利なのにね、とか、駅の係員を相手に無駄な抵抗をしてみる。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì, marzo 06, 2006

会員

車なんて所有してたりしてなかったりで、バイクも'乗らなかったり乗らなかったり'なのに、何故かJAFの会員は続けていて、ちょっと前に会員証を紛失しました。再発行しようと思ってWEBを見ると、手数料がかかるらしい。
仕方ないなーと思いながら電話したら、「会員を10年続けていただいておりますので、今回は無料で発行させていただきます」だって。ごめんなさい、ごめんなさい。
しかも、再発行には時間がかかりますので、仮会員証を本日送らせていただきます、とのこと。ごめんなさい、ごめんなさい。ごめんなさい。車なんか乗らないから、そんなに急ぎではいらないのだけど。とかそんなこと言うのもナンなので、ありがたがって電話を切りました。10年かー。
お世話になってないような、なってないような。あでも会誌は結構読み込んでるのでお世話になってるというのかしらん。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica, marzo 05, 2006

ベーグル

先々週末に終わったはずの裏のカフェが、今日見たらリニューアルオープンに向けて工事してた。
おばちゃんは、うちは、もうやらない。って言ってた気がするので、そっくり渡したのかしら。気が変わったのかしら。ここで出してたベーグル、おいしかったんだけど、どこのだったんだろー。また食べられるのかなー。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« febbraio 2006 | Principale | maggio 2006 »