« ottobre 2005 | Principale | dicembre 2005 »

lunedì, novembre 28, 2005

CANDY

会社のM先輩に粟おこしをもらった!
あみだ池大黒」製の。ここの大好き。生姜味の「岩おこし」も大好き。で、おこしの説明に

AWAOKOSHI
PUFFED RICE CANDY MANUFACTURED BY DAIKOKU AMIDAIKE OSAKA JAPAN

と書いてあるので、何となくCANDYを検索してみました。CANDYの意味はともかくとして…

⇒candy-striped ━━ a. 白とその他の色との派手なしま模様の.
⇒candy striper (10代のボランティアの)看護婦助手

え、キャンディ・キャンディってもしかしてcandy striperのキャンディなの?

| | Commenti (3) | TrackBack (0)

domenica, novembre 27, 2005

ゆたかさ

蓮餡をくれた友人(在福建省)とmessengerで話していたら、この間ショックだったこととしてこんな話をしてくれた。
小学2年の女の子と話をしていたときに、 彼女の口から「自分は違法で生まれた子だからね、、戸籍がなかったから、買った」という話がでてきた。

戸籍って買うものなの?と友人に聞いたら「もちろん、それも違法だけど」。小さな子どもがあたかも普通のことのように話すのが悲しかったし、小さい時からそういう習慣が身に付いてしまうのかなって思ったりもしました。とのこと。

「違法の子ども」「戸籍がないから買う」こんな会話が親(もしくは身近な誰か)と子供の間でされてるということかしら?違法って、どんな気持ちで受け止める言葉なのかな。法って大事ではないのかしら。
法って、守ると窮屈になったりする場合があるものだけれど、守ることで秩序が生まれる。できる限り守ろうとするべきものだと思うのだけれど、でも現実的には作ろうとした秩序から漏れてしまった人たちも生きているわけで、実際守りようがない人には存在意義がない。だから違法という言葉も深い考えなく使ってしまうということなのかな。
などと考えていると、法を守らなくちゃとか、「違法」という言葉にドキっとしたりすることこそ、豊かで恵まれていることの証明なんだなぁと思う。ま、豊かとか恵まれてるとかもそれぞれの価値観によって違うのでしょうけれど。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì, novembre 25, 2005

失敗だ~

通勤の途中で外人さんに道を訊かれた。道玄坂を登りきって、246沿いに旧山手に向かってる途中あたり。
「SHIBUYA St.はど~こですか~?」で、適当にうまく説明したつもりだったんだけど、最後に「subway?」と聞かれたのよね。・・・Yesって言っちゃった。

実は、道がわかりやすいし半蔵門線もJRも東横線も乗れるからと思って、道玄坂を一番下まで降りて渋谷駅に向かう方法を伝えたのだけれど、もしも銀座線に乗るのだったらマークシティを抜けてもらった方がいい。
subwayの種類聞いてあげればよかったなー。こういうのって、英会話ができるできないじゃなくて、日常的に気が利くかどうかな範疇のわけで。

ま、今頃はどこかの駅に着いてるはず・・・。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì, novembre 21, 2005

蓮餡!

05-11-20_23-30
福建省は厦門(アモイ)より、航空便が届きました!

05-11-20_23-35
中身は蓮餡 その他。

厦門の食品加工会社に嫁いだ友人が送ってきてくれたの。私が探していると言ったら、他の会社からサンプルとして取り寄せてくれてプレゼントしてくれた。うれしいなぁ。messengerって偉大だ。彼女が中国に行ってしまったときは本当に寂しかったけれど、こういうこともあるのねぇ。
それにしても、私が作った蓮餡と、色も粘度も全然違う。月餅もだけど、餡もリトライせねば。

で、友人の工場
厦門楽記食品有限公司
どうぞよろしく。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato, novembre 19, 2005

若造

恵比寿の 『De ROANNE』でディナーなんかを食べてみるテスト。
若造が1万円のコースなんて食べてもいいのかなぁ、とつぶやいたら、いや、そんなに若くないと思うよ、と言われた。そんなにってところに優しさは感じたんだけど、要は1万円も出せるかってところの意図は通じなかったらしい。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica, novembre 13, 2005

はじめての・・・

05-11-13_10-09
月餅生産。
05-11-13_11-27
いまいち。卵黄をきれいに塗るのが難しいねぇ。
以下、メモ。

■蓮の実餡
蓮の実…200g、砂糖…200g、ピーナツ油…70cc~100cc、塩…小1/2弱

1.蓮の実をさっと洗いひたひたの水で戻す。水で戻す場合は一晩。湯の場合は4時間以上。
2.戻ったら一旦ザルにあげる。戻し汁は流さずボールに受けておく。実を半分に割り、芽がある場合は除く。
3.圧力鍋に実、戻し汁を入れ、実がひたる位まで水を足す。圧力をかけ強火。沸騰したら弱火にして7分(?)。
4.自然に蒸気が抜けたら蓋を開け、再度ざるで漉す(煮汁はボールで受ける)。実をフードプロセッサーにかけ、ペースト状にする。
5.ペースト、煮汁を鍋に戻し、砂糖を加えながら中火で煮る。(焦がさないように鍋底から木ベラでよく練る)
6.ヘラでこすったときに鍋底が見える程度まで煮詰まり、粘度が高くなってきたら、火を止め塩を加えてよく混ぜる。ピーナツ油を少しずつ加えなじませる。
7.弱火にかけ、さらに練りながら水分を飛ばす。
8.実200gで餡700~750g位まで煮詰まったら火を止め、バットに取り、表面にぴったりラップを貼って冷ます。

今回、戻し湯を流してしまったらできあがりの蓮の香りがほとんどなくなってしまったので、戻し汁は利用する方向で。でもアクとかエグミとかどうしたらいいのかしらね。あと、うちのクイジナートは蓋がぴったり閉まらないので(お墨付きの不良品)ペーストにするときに煮汁をよけました。ミキサーや、ぴったり蓋が閉まる攪拌機の場合は4.でザルで漉さなくて良いです。
9.の見極めが難しいね。ちなみに、ジツは今回蓮の実200gで餡650g。固すぎた…。少し固めのスイートポテトくらいかなぁ?ゆるすぎると月餅焼成中に破裂するらしいけれど、ボソボソの餡はおいしくないので加減が難しいすね。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato, novembre 12, 2005

激白

中華食材を求めてアメ横に行く。お兄さんに「你好(ニーハオ)」と声をかけられて、ついハオと返事をする。
というかね、ここは日本なわけですよ。圧倒的に多いのは日本人のはずなわけですよ。たとえアメ横であっても。ソウルや北京で間違えられるとはちょと違うですよ。

激白って、辞書に出てない単語なのね。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì, novembre 10, 2005

酉の市_2

書き忘れたのだけれど。

神社っ子のみすずによると、神社の神様にお祈りするときは自分のフルネームと居住地を言ってからお願いごとをしなくてはいけないらしい。「じゃないと神様データベースで見つけられないみたい(彼女の解釈)」「もっというとね、生まれた日とか、生まれた場所まで言った方がいいらしい。私はいつどこで生まれたみすずでございます。現在の住所は××で...」。 で、一旦手を合わせてから、
ね、昭和と西暦とどっちがいいの?「んーーー、昭和じゃないかな。」(ほんとかよ・・・)
などと思いつつ。
なるほどねー、だから今までお願い事がかなわなかったのかー、などとも思いつつ。

あと、「無制限」じゃなくて「エンドレス」だったみたい。たしかに・・・。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

酉の市

みすずに誘われて会社の仲間と花園神社の酉の市初体験。
05-11-09_22-27
本日遭遇した一番の大物。
社長さん大興奮。

買い手がつくと拍子木で三三七拍子を打って祝うのだけれど、一緒に拍手するのが楽しくて熊手売り場をうろうろしていたら、零士さん率いる「KID」の方々が熊手を買ってるところに遭遇しましたよ。ほえー。普通三三七拍子が3回なのだけど、人数が多いのと景気付けで「六本木ぃ~KIDの繁盛を願ってぇ~無制限っ!」。パチンコか?さすがに手が赤くなりました。

でまぁ、零士さんはメディアで見ることがあってもホストクラブに詳しいわけではないので、帰ってネットをふらふらしてたら早速今日いらした方がblogに記事を公開しているのを発見。ホストってマメじゃないとやっていけないとは聞くけれど、本当にマメなのねぇ。花園神社に行ってから3回も更新してますよ・・。考えてみればあれは気遣いの権化の集団だったのかしらと、妙に感心。トラバは飛ばそうかどうしようか最後まで迷ったのだけど(笑)

変なところにリンクしちゃったので、一応TOPにも。
KID Roppongi
ご興味があれば・・・。

| | Commenti (1) | TrackBack (0)

domenica, novembre 06, 2005

秋くくり(順不同)

○文化
根津美術館』に、国宝「燕子花図」を見に。修復を経て4年ぶりのお目見え。すごいね、尾形光琳。ただの絵師じゃなくて、やっぱり文化人なんだなぁと思う。それから、uniqueなデザインセンスだから、現代においても新鮮だし、外国でも評価されるのだとも思う。
コンタクトが入ってたらさらにもう少し感動したはずなのだけど。残念。

○食欲
麺屋 豆の詩』にて「焼き道玄坂ラーメン」(今思ったけど物騒なネーミングだよね)。生姜味とのこと。生姜のせいか、ぱっと見アブラギトギトっぽいのだけど意外とクドくない。見た目ほどでは、ということね。味は濃いめ。いちろー氏の餃子サービス券にて無料餃子もget。野菜系の一口餃子で食べやすかったけど、結構ニンニク臭かった。あ、醤油ラーメンには要注意かもです。
ちらしやメニューにあるラーメンの、上に描かれている赤い物体は明太子だと思ったのはわしだけではないはず。

○レジャー
紅葉がまだの『六義園』。鯉が餌に群れるのを眺めつつひたすらぐるぐる回る。人もエサもない暗がりをひっそりと泳ぐ真っ赤な鯉にシンパシー。

○で、今日も仕事。というかあまり意味のない出社。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì, novembre 02, 2005

残念

水曜日=レディースDay で、ジョイシネマのレイトショーで『チャーリーとチョコレート工場』を観ようと思っていたのに、確認したら最終は18時からでした。『SIN CITY』は20時半からだったのにね。

---
と思ってもう一度確認したら、『SIN CITY』がレイトショーだったのね。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì, novembre 01, 2005

2005年が明けてから大吉を引きまくっていたのですが、最近そうでもないだろうと思い、確認。吉だって。ふーん。
05-11-01_14-24
渋谷の千代田稲荷にて。

このみくじにあう人は...
病気が一日一日とよくなって行くように悩みはだんだんと解け喜びは来たる。常に処と人を選び誠心を以ってすれば神仏の御加護自ら垂れ給う。
病気…次第に回復する
恋愛・縁談…あせらずば成就する
待人…おそくとも来る
訴訟…貧しければ叶い、富める者は叶いて後あやうし
失物…出る
売買…慾浅ければよし
建築・移転…急がぬがよし
旅行…よし
金運…急がなければ開ける
受験…今後の努力により叶う

「吉」らしーいどうでもよさげな内容が書かれていることにちょっと満足。
マークシティのエスカレーター下に今年バージョンのクリスマスツリー(?)が出る。
05-11-01_21-57
世相と(マークシティの)財政状況が反映されているのだと思うけれど、あまり好きじゃない。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« ottobre 2005 | Principale | dicembre 2005 »