« ottobre 2004 | Principale | aprile 2005 »

martedì, novembre 30, 2004

太宰治様机下

太宰治様机下

母上がどうも顎関節症になってしまったようで、耳鼻科に行って口腔外科の紹介状をもらってきた。

04-11-29_23-03.jpg
△△大学医科病院 口腔外科
外来担当 先生御机下

と書いてある。先生は敬称だな。御は敬意を表す接頭語だよね。机下も敬語か?いったいこれは日本語として正しいのか?検索すると結構でてくるから、みんなひっかかる言葉みたいね。しかも医療現場くらいでしか生き残ってないっぽいのがおもしろい。あと、こんなのもみつけた。↓

それから三号で、「省令で定める場合を除き、その外部に、差出人及び受取人の氏名及び住所若しくは居所以外の事項を記載し、又は他の物を添附しないものであること。」ということがはっきり規定されておりますね。<略>このことも、たとえばあて名以外に、親展とか気付とか侍史とか御机下とか書くこともあるが、こういう居所以外の事項を記載してはいけないくらいなことは常識上われわれ国民はわかっておりますから、こんなことをわざわざ何を好んで書くのかという気がするわけですよ。<略>これもひとつ十分検討しておいて、あとで質問があったときに答弁ができるようにしてもらいたい。こんなものは書く必要がない、こんなものは書いたほうが損だという気がいたします。すべきではないと思います。(第051回国会 逓信委員会 第16号)

逓信委員会、楽しそうだなぁ。あたしもまぜてほしい。常識のないわれわれ国民として。是非とも・・・。昭和41年じゃ無理か。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì, novembre 29, 2004

『僕の彼女を紹介します』

僕の彼女を紹介します』の試写会が当たったので見てきた。公開前なので詳細は言わんが、五文字で表現すると「ありえない」。しかも何度も何度も「うーむ。ありえない」とうならされる映画。
あ、この映画観たい人に言うことは何もないが、連れてかれる人にアドバイスできるとしたら、『猟奇的な彼女』は観ておいた方がいいですよ。観ておけば「うーん、ありえない…」が一回減ります。いやだって、観てなかったものだから、最後の最後までうなりっぱなしですたよ。

えーと、チョン・ジヒョンの泣き顔はかなりかわいいです。

| | Commenti (2) | TrackBack (1)

martedì, novembre 23, 2004

天手毬(ラーメン)

勤労感謝の日。仕事帰りに久々にすずらんで食べて帰ろうと思ったのに、日曜祝日は休み。そうか、龍の子で担々麺を食べよう♪と思ったのにこちらも休み。で結局天手毬で担々麺。神泉⇒渋谷⇒三軒茶屋、歩かせすぎだっつーの。祝日きらい。(逆切れ)

04-11-23_21-29.jpg
担々麺(中辛) 840円
ちょっといじっちゃったのでこんな写真ですが、結構好き。さっぱり系のイメージが残ってたのだけど、かなりゴマが濃かったです。どんぶりの底の方にゆずの香りが沈んでるので、途中で底の方からすくってみるといいかも。あ、どんぶりはかなり小さめです。

■担々麺情報ならココ

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì, novembre 17, 2004

今日の朝日屋

04-11-17_14-15.jpg
かけそば 550円

今日は牛蒡、人参、ホウレン草のトッピングに南瓜の天ぷらが二切れ&肉じゃがでした。
カウンターの真ん中には40代くらいの明らかにお店の関係者と思われる男性が座ってて(「いらっしゃいませ」って言ってたし、よくこの場所でスポーツ新聞を読んでる)、なぜか高校英語の教科書のようなものを拙い発音で音読してた。私がそばを食べてるあいだ、ずーっと。
かなりうるさくて許しがたいんだけど、誰も気にしてないっぽいし、まぁ、あれですか。郷に入れば郷に従えっつーことですかな。

しかし これ はいかんだろう・・・。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica, novembre 07, 2004

DOUGHNUT PLANT

アロマテラピー検定を受けに明治学院に行ったので、ついでにDOUGHNUT PLANTに行ってきた。日曜だけに並んでるねぇ。
04-11-07_15-24.jpg
04-11-07_15-23.jpg
サイズが大きくて作り方も結構豪快。ラックに何百個と並んだ姿はかなりアメリカンな感じでした。

で、バニラビーンズとオレンジと
04-11-07_16-17.jpg
エスプレッソヘーゼルナッツバンズ。
04-11-07_16-31.jpg
でか。(比較対象になりそうなものがなかったので、KRAFTの粉チーズを置いてみました(笑)
しかしどーなつ3つテイクアウトで840円はどうなのよ?とは思わなくもない。が、まぁ、そんなことつべこべ言わず食っとけと言えるくらいにはうまかった。ごちそうさまでした。ここのピーカンナッツが乗ってるやつ食べたい。

でも1個は多いなぁ・・・。

| | Commenti (1) | TrackBack (1)

sabato, novembre 06, 2004

道玄坂の欅にクリスマス用の電飾がついたけど、あれ、嫌い。毎年言うけど、やだ。
夜はともかく日中見るとものすごく気持ち悪いんだよね。幹とか枝一面になにかの卵が産み付けられてるみたいな感じで、見ると鳥肌がたっちゃう。夜見ても、全身拘束具をつけられてるみたいな残酷な感じがする。電飾の電球の形とか付け方にもよるのかもしれないんだけど、とにかく道玄坂のやつは大嫌いなのよね。

そういえばギョウチュウ検査って昔あったよね。ついあれ思い出しちゃうよ。あれもいや。何がいやって、フィルムに卵がついてるのが検出されたところを想像しちゃったときの気持ち悪さ。嫌いなものって意外と多いなー。

#ギョウチュウ検査って今ないんだよね。暁星中学が略してギョウチュウだと笑われてたのも今は昔の話なのかしら。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì, novembre 01, 2004

VIVA!ニュートン!

viva続きですが・・・。
今日考えごとをしていてねぇ、何人かに質問をしてみたのですよ。『地球が自転してるって、初めて知ったときにどう感じましたか?』
「非常に驚いた」という答えと、「(初めて知ったときなんて)覚えてない」、「一番最初から知識として地動説を知ってた」などという答えがありましてですね、かく訊く私はと言えば覚えていないのですよ。

考え事の最初は、私がカレンダーも誕生日もないくらいの大昔の人だったとして、 1年間をどうやって知るか、ってことだったのだけど。同じ気候が続くとか、太陽の軌道の変化とかで多分わかるよね。で、太陽が昇って沈むことを毎日見てるうちに、みんなの中で天動説が信じられてくわけで、つまり、私にだって天動説を発明できるわけ。(発明するものかどうかしらんが。)
その続きで、地動説も発明できるかなーと思って考えてたのだけど、大昔の人の気持ちで考えてるとどうしても地動説は受け入れがたかったのよね。なのに、実際には地動説を知ったときのショッキングな記憶がない。その違いは何かしらね。(だって、そこの記憶ってのは、ガリレオの時代の地動説を初めて聞いた一般人の反応と同じはずなわけよ。覚えてないなんて残念で残念で。)

そこでもう一度大昔の人、もしくは幼稚園児のあたしに戻ってみる。『地球は自転してるんだよ』と言われて最初に浮かぶ疑問は『地球が1回転したら、あたしたち落っこちちゃうじゃない!!』
で、パピーが万有引力の法則というのがあってねぇ、と教えてくれるわけだ。viva!パピー。結局、すんなり受け入れられたのはちゃんと説明してくれた人がいたからで、やっぱり望遠鏡とか公式とかなにか科学的なツールがないと、あたしには地動説は発明できないのかぁーという結論に達したのでした。

で、今頃ニュートンすげぇ!なわけなんだけど、そんな話を大学で室員やってる友人とMessengerで話してたら、教育って難しいよねぇなんて話になって、
(眠いので続きはまたにします。ここで終わりでいいのだけど(笑))

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« ottobre 2004 | Principale | aprile 2005 »