« agosto 2004 | Principale | ottobre 2004 »

mercoledì, settembre 29, 2004

ファットブルーム(其の二)

見つけた。

ギンビス チョコがしみてるビスケット
直射日光を避けて28℃以下で保存してください。高温になると油脂分がとけ、冷えると白く固まることがありますが、召し上がってもさしつかえありません。

さしつかえありません、だ。
見たか、小心者どもよ。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

lunedì, settembre 13, 2004

神奈川の

昨日は神奈川の合唱コンクールでした。
デキは予想通りイマイチで、銀賞。みんなは意外とよかったと思っていたみたいで、非常にくやしがっておりました。
でもね、金賞に入っちゃうと県代表として静岡で行われる関東大会に出られちゃうわけ。で、神奈川の県代表には、マルベリー・チェンバー・クワイアというアホみたいにうまい合唱団がいて、どうせマルベリーに阻まれて全国に進めないなら、静岡までいくのは無駄でしょう(だからちょうどよかったのだ)などという負け惜しみそのもののような意見もあり。どこまでも強気な人たちです。

今回のコンクールはひたすら手際が悪くって、19:55から始まるはずの審査発表が20:50から始まる始末。でも楽しかったこともあって、表彰式がなかなか始まらない暇つぶしに、男性合唱の男の子が指揮をとってなぜかホールで全体合唱が始まったのね。
最初は『いざ立て、戦人よ』。思わぬ盛り上がりに味をしめた司会者の指名により、次は中学生(高校生?)の希望で『大地讃頌』。プログラムに全員合唱があるわけでもないのに、指揮振られちゃうとつい歌っちゃうのは合唱人の性。悲しいかな、老いも若きも半分涙すら浮かべながら歌わされてました(自発)。アホと呼ぶなら呼びなさい。
だってさー、昔を振り返って合唱の話をすると、誰もが乗れる共通のネタって『大地讃頌』と『モルダウ』くらいじゃないですか。歌ったことのアルナシはともかくとして、合唱好きも音楽嫌いもみな知ってるわけよ。その合唱のシンボル的歌を1000人で大合唱ですよ。えぃえぃ、ちょっとはうらやましかろう。
神奈川のコンクールは初めて出たのでいつもああいうノリなのか知りませんが、ただの暇つぶしを超えてさすがにちょっとジィンときました。泣かないけど。

で、みんなは東京は勝ち抜いて全国大会に行く気マンマンのようです。
…ていうか、自信ありすぎだってば。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato, settembre 11, 2004

今日の占い

あなたの才能を伸ばしてくれたり、生きるヒントを与えてくれるのは目上の人です。苦手な人と思っていた人が、実はよき理解者でありアドバイザーである可能性があります。

そうかー。でも苦手な人多すぎて、だれがよき理解者でありアドバイザーなのか全然わかんないよ…。

| | Commenti (1) | TrackBack (0)

giovedì, settembre 09, 2004

コナス

今朝の生活ほっとモーニングは、なすの特集でした。で、新潟ではナスの種類が豊富で、いかになすが愛されてるかなんて話の流れで下のようなエピソードが紹介されていた。

新潟ではナスが大切にされていたので、嫁入りにも茄子の種を持たされていた。 その茄子は「十全なす」である。

うそだろ。それは解釈間違えてるでしょう。十全ナスはいわゆるコナス。漬物にされるちっちゃいやつでしょ。誰がどうみても意味が違うでしょう。

≪十全茄子とは?≫新潟県中蒲原郡村松町・旧十全村の地名が名前の由来。十全村から白根市に嫁入りした時その種を持参したのが始まりといわれています。『【楽天市場】四季の定期便』

それは、わかる。だがそれは一発目だ。毎度の嫁入りに持ってくとなると意味合いはまったく変わるでしょう。コナスだぞ?オタンコナスのコナスだぞ?私の敬愛するスズキ教授に言ったって、間違えてるといってくれるに違いない。

などと母上に力説してたら、「あんた、そんな下ネタばかり覚えてないでもっとまともなことを勉強しなさい」と言われた。いや、ねぇ。別に下ネタ好きじゃないし。

参考:JA全農にいがた

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì, settembre 06, 2004

函館ラーメン しおの花

本当はすずらんに行きたかったのだけれど、郵便局に寄ったら明治通りを渡る時間がなくなった。あきらめてずっと気になってた『しおの花』。
04-09-06_14-37.jpg
函館塩ラーメン(600円)

まぁ、塩ラーメン。激ウマではない。激マズでもないけど、たぶんもう来ない。チャーシューは脂身がトロっとしてて好きなやわらかさだけれど、豚肉の味しかしない。麺の量が多すぎてやる気なくした。それにしてもほうれん草がのったラーメンて久しぶりだなぁ。あぁ。
ただ塩っからいだけの学食の塩ラーメンが恋しい。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato, settembre 04, 2004

ファットブルーム

glico ジャイアントカプリコ
このチョコレートは高温になると空気が抜け、ふんわりとした口あたりが失われます。召し上がってもさしつかえありませんが、風味の点で劣ります。

明治 たけのこの里
高温でやわらかくなったチョコレートは冷えて固まると白くなることがあります。召し上がっても身体にさしさわりはありませんが、風味は劣ります。

森永 DARS
チョコレートは高温になると油脂分が溶け、冷えると白く固まることがあります。召し上がってもさしつかえありませんが、風味の点では劣ります。

昔さー、「ファットブルーム」という単語がチョコレート製品のパッケージに書かれ始めたころ、「風味の点では劣りますが、召し上がってもさしつかえありません。」だった気がするんだけど。記憶違いかしら。
というか、結構自信あるんだ。そして変わった理由もわかる気がする。これってかなりおもしろいよね。「劣るけど食えるんだ(食え)」の時代から「食えるけど劣ります(どっちでもいいよ。いや、いやなら捨てちゃえば)」って感じでしょう。消費者がいかにうるさくなったかだよね。そして「ファットブルーム」という単語などもはやどうでもいい。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« agosto 2004 | Principale | ottobre 2004 »