« giugno 2004 | Principale | agosto 2004 »

venerdì, luglio 30, 2004

壱源(ラーメン)

お昼に道玄坂小路を通って AfternoonTea にお買い物に行ったので、途中の『壱源』に。

04-07-30_13-44.jpg
カムイラーメン 800円

熱い。うまい。暑い…。普段味噌ラーメンて食べないんだけれど、ここの味噌ラーメン食べて「あー、食わず嫌いだったんだなー」と実感したね。とは言ってもよそでは味噌は食べないんだけどね。
それにしても暑い。。

| | Commenti (1) | TrackBack (0)

mercoledì, luglio 28, 2004

Asian Bowl(将)

1日 2食じゃありません。古武士は昨日のはなしです。
会社を「タンタンメン食べて帰るから~♪」と言って出てしまった手前、天手毬の前で挫折したもののトムヤムラーメンをおさえました。辛いものつながりっつーことで。

04-07-28_20-47.jpg
トムヤムラーメン 800円

オリジナルだそうです。トムヤムクンよりマイルドで、確かにオリジナルな感じの味でしたが…普通に美味しかった。麺がね、他の料理でフォーを使ってるからフォーがはいってるんだと思ったらラーメンぽい麺だった。満足。ゆず七味の味がしたと思ったのはわたくしだけでしょうか?

URL 載せたかったんだけど、いいのなくて。このお店、「将」から名前が変わったんだけど「Asian Bowl」なの?「アジアンボール」なの?「アジアンボウル」なの?
ついでに関係ないけど「坦坦麺」なの?「担担麺」なの?

| | Commenti (3) | TrackBack (0)

古武士(ラーメン)

昨日は会社帰り『古武士』に。「つけ麺あつ盛 650円」が 1番人気だって。あつ盛の「あつ」はつけ麺の麺が熱いままってことみたい。

04-07-27_20-18.jpg
つけ麺 あつ盛ネギ 800円
ネギが山盛りで麺が正体不明になってるのはご愛嬌

ところでつけ麺の麺て、熱い方がいいの?
あのね、かねてからの疑問なのですが。ちょびはラーメンを食べ始めるときに、まず麺だけをざっくり大きく持ち上げてスープの上に出してから(必要ならスープにつけ戻して)食べます。これは一種の儀式のようなもので(^^; 科学的には全然わかってないのだけれど、作られてから食べ終わりまでずーーーっとスープの中につかっていた麺は最後に食べられる頃にはくてくてのにゅるにゅるに伸びちゃってるんじゃないか、という気がするのです。
でその儀式は、
・熱いスープから空中に出すことで麺が冷える⇒締まる⇒のびない?
という想像がもとになっているのだけれど、イマイチ自信をもてない理由の豆知識として
・塩分濃度の高いスープの中につけておいた方が麺の水分の吸収を抑えられるのではないか
とか
・パンは焼きたての温度から60度に下がるまでの間がもっとも老化が激しい。中途半端な温度帯に長時間おくことは良くない(したがって下げるなら一気に冷たく)。
とかいうものがあります。さらに、もちあげて冷めた麺をもう一度スープに戻して冷めたスープの中につかってる麺てのはどういう状態なんだ?という心配もあります。

で、どうなの?食べる瞬間まで触らずそっと熱いスープの中につけておいた方がいいの??学生のころからの疑問なのです。この際何十年後でもいいので、誰か教えてください。

あ、であつ盛。ぬるい麺はなんとも締まりがなくてお店のいう「もちもちしこしこ」とは程遠く、確かにスープは冷めなかったのですが、やっぱりそんなことよりこしのあるラーメンが食べたいなぁと思ったのでした。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì, luglio 26, 2004

これなぁんだ?

04-07-26_13-30.jpg

河合肝油ドロップです。福利厚生の支給薬品で注文してみました。おやつにちょうどいいかと思って。
あれれ、なんだかかわいいぞ、と会社の先輩に「ねぇねぇMさん、肝油ドロップがかわいくなりました!!」と言ったら「でもこれって…材料でしょう」。…はい。材料です。

正確には材料ではありませんが、限りなく材料を想像させる絵です。

⇒【肝油】
タラやサメなどの新鮮な肝臓から得た脂肪油。黄色で透明。ビタミン A ・ D を多量に含む。夜盲症や発育期などの栄養補給に用いる。

まぁ、タラでもサメでもないのだけれど脂肪多そうだし。ちなみに他の製品はもっと関係ない絵なのだけれどね。

どうも「教育機関向け商品」と「薬局・薬店向け商品」という区分ができて、「教育機関向け商品は一般の薬局・薬店では御購入できません。」って書いてあるところからこんなかわいらしいものが来ちゃったのじゃないかと思われます。

教育機関向けの方がV.C.量が微妙に少ないのねぇ。ま、おやつだからいいんだけれど。カテゴリが誤ってるとか、そもそも使い方が間違えてるとかいうのはほっといてくださいね。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

反省の一日

koneko.JPG

『子猫をお願い』をみてきた。渋谷のユーロスペース。
「韓国女性が選ぶ最高の韓国映画」で、『猟奇的な彼女』を抑えて 1位になったという作品。簡単にいうと自分探しの青春ものって感じではないかと思うのだけれど、あの年頃の自分を思い出して重ねるとなんともせつない気分になります。私はきっと、ヘジュのように自信家で傲慢でジヨンのようにふてくされたいやな二十歳だったに違いない。そしてテヒのような良い子やピリュやオンジョのような個性的な仲間に友情をつないでもらって、今があるんだろうな。

でもね、まぁ、反省もしてないわけじゃないんだけれど、なぜ『子猫をお願い』を観る気になったかというと、偶然blogを見つけた楓ちゃんという素敵な女の子がいて、これは一種のラブレターなのです。ふふ。(←意味不明でしょ。ごめんね)
あ、楓ちゃんのblogをトラバしちゃったので念のため言っておきますが、あったかくんもすきですよ(笑)

| | Commenti (1) | TrackBack (1)

sabato, luglio 24, 2004

後悔の傷

部室の鍵を返しに行った事務室わきのロビーで、書き物をしている担任の先生をみかけました。私は挨拶をしようと思ったのだけれど、先生は熱心に書き物をされていて、何度も躊躇ったあげく挨拶せずに頭だけ下げて帰りました。その晩、先生はオートバイ事故でなくなりました。私は一生先生に挨拶ができなくなってしまいました。なんで躊躇ったんだろう。たった一言なのに、なぜ挨拶しなかったんだろう。先生と生徒なんだから、大人と子供なんだから、何も分別顔で素通りする必要なんてなかったのに!「普段なら絶対に挨拶をするはずなのにしなかった」という罪悪感は、一生挽回するチャンスがこない。そこで立ち止まって1分でも話をしていたら、先生は死ななかったかもしれない、という想像も、確かめる術なく後悔となって残っている。

もちろん挨拶したからといって先生の運命は変わらないかもしれない。でも逆に、そこで立ち止まって会話を交わしその後先生が亡くなったとしたら、やはり多少の罪悪感を感じたかもしれないけれどもこんなに後悔もしていないと思う。この後悔は、一体なに?…なんて聞くまでもないですね。自己満足が満たされたかどうかだ。(先生と言葉を交わしたい!ちゃんと挨拶した!)
先生がなくなってしまったことが今でもこんなに悲しいのに、その悲しさのきっと半分以上は自分の幼稚な自己満足が永遠に満たされないことへの後悔だという情けなさ。ずーっと考えてるうちに、自分は人としてどうなんだ、なんてところに行き着いちゃって、どんどん傷が深くなっていく。

最近私に「謝りたいんだ」と何度も電話をかけてくる人がいる。その人は確かにひどいことをしたけれど、私は謝ってほしくなんかない。謝ってもらって許せるものでもない。でも、彼はきっと自己満足のために「謝るという行為」をしたいのだと思う。そんなチャンスあげてなるものか、と思うのだけれど、やらなかった後悔がどんなに深いのか、自己満足が満たされないことがどれだけ人を傷つけるのかが想像できるから、私には完全に拒絶することはできない。私が許すことが彼の救いなのだとしたら、一生救われないでいるがいい。そう思うのに、やっぱり私にはそんな権利なんてないわよねとも思う。

なーんてこと考えてたら、今の状況と彼の奇行を招いてしまったのでした。これはやっぱりスキありってことなんでしょうかね?アタシが悪いのよね、結局。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì, luglio 21, 2004

夏川りみ

お昼に外にでたら、マークシティの下の特設ステージで夏川りみが歌ってた。すごーく小さくて、かわいらしい人だった。歌のうまいひと。妊婦に大人気の癒し声なんだって。

でも、好みの問題っていうのかな???ちょびは、目を閉じて聞いたときに全身に歌が入ってきて指先まで満たされる感じの声が好きなんだけど、そういうパワーがなかった。マイクとか会場のせいかもしれん。たしかに疲れない=癒し系なのかもしれないけれど、びりびりっとくるような魅力がなかったのよねぇ。
まぁ、まだまだあたしも元気、ってことかしらね。

| | Commenti (3) | TrackBack (0)

venerdì, luglio 16, 2004

冷汁

外に出たらあまりにも暑かったので、元気でろって感じで冷汁を。『えん だし茶漬け』。

04-07-16_14-04.jpg
冷汁 680円
青シソと茗荷の香りが効いてて、食欲がないときでもさらっとしてて食べやすい。冬でも何度か食べたもの。でも殿方にはさっぱりしすぎてて少しもの足りないかもね。本場の家庭の冷汁も食べてみたいな。

さて、がんばりますヨ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì, luglio 08, 2004

Oriental麺BAR ngon!(ゴン)

髪の毛を切った。納得がいかず、哀しかったのでラーメンを食べることにする。

あー、エスニック系が食べたかったのよね、と麺喰王国の『ngon!』に。もはや行列してるお店なんてないのね。

04-07-08_21-35.jpg
本当はもっとキレイに飾られてたのですが、たべちゃった…。
ブンボーフエ(牛すじのこってり辛口赤スープ) 880円

トロンとした大ぶりの牛筋がたっぷりのってて、スープはやさしくて飽きない味。でも、量が結構多かった・・・。フォーってもっと少量のおやつ感覚なものだったと思うんだけどねぇ。ニョクマムと唐辛子をたくさん足してたべた。

で、髪は納得いかないんだけど、ま、あってもなくても人の価値は大して変わらないんだしいっか、ということで。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì, luglio 06, 2004

柳屋(ラーメン)

願望の『柳屋』で豚骨ラーメン。女子一人ではいっても全然問題ないんだけど、店員が殿方ばかり5人くらいいて、一斉に挨拶されるとちょっとこわい。

04-07-06_20-37.jpg
博多ネギラーメン 700円
豚骨ラーメンて、トッピングないと写真が地味なのねぇ。

さっぱり系。量も麺のゆで具合もちょうどよくて、もう何度か行ってみようかなと思う。
でもゴマはすりゴマじゃないほうが好きなんだなぁ。あとね、チャーシューの味がかなり好みなんだけど、脂身がもう少しやわらかくなってるといいなー。チャーシューは固め。噛み応えある感じだった。それとね、ネギらーめんのわりにはねぎがちょっと少ないと思うのよね。麺をすすると気道にネギが飛び込んでくるのりやのネギそばが恋しい(←食べるのへたくそ?)。
ここの、トッピングのノリにめっちゃこだわってるひとのページがあったんだけど、この人的には今日のノリはNGだろうな。トロトロだったもの。

@書いたの読み直して、あまりにも冷静なのに気づいた。もしかして、あたし柳屋はいまいちだったってこと??
ああ、のりやのラーメンが食べたい。

| | Commenti (1) | TrackBack (0)

よかったというかなんというか

ネット恋愛:初対面、美しさに感激しショック性内出血

> 2年間のネット交際の末、喫茶店で落ち合ったが、想像以上に美しいのに仰天、その場で気を失った。出血量は2000CCを超え、病院では気管を切開して除去したうえ輸血、9時間後にようやく意識を回復したという。

ネットの友達と何人も会ったことがあるが、そんなこと一度も起きなかったぞ。当然というかなんというか。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì, luglio 05, 2004

ちりめん亭(ラーメン)

いけないのはわかってるんです。

04-07-05_14-04.jpg
野菜つけ麺(豚醤) 710円

だって、夜は柳屋でたべるって決めてたし、365日1095食ラーメンでいいというのはやっぱりクチだけで、一日 2食たべたら塩分もカロリーもオーバーで、それも嫁入り前の女子がそんなことをしてちゃいけないって。

でも少し元気がでました。
熱いつけ汁にレタス浸して食べるのも悪くないです。
残りの時間は柳屋を楽しみにがんばります。

| | Commenti (3) | TrackBack (1)

domenica, luglio 04, 2004

待つし待たせたい

メモリンク。これ、おもしろい。

待ち合わせ:恋人なら「待つし待たせたい」 セイコー調査

相手の立場別に見ると、目上の人に対しては「待つが待たせない」、家族については「待たないが待たせる」、友人は「待たないし待たせもしない」、恋人は「待つし待たせたい」という傾向が強く、待ち合わせの心構えも相手との距離によって大きく変わるようだ。

「待たないが待たせる」ってのが本音な感じで笑えた。わしは実は『だいたいの時刻を指定して当日は携帯電話で調整』派だったりする。わずか9%、とな。ふむぅ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì, luglio 02, 2004

楊枝といっしょはいやなんです

何がいやって、落ちたとき拾うのがめんどくさい。

コンビニとかでもらう、楊枝の入った割り箸ってあるじゃないですか。
あの袋の片端を破って割り箸を出すとき、楊枝がいっしょに出てきちゃうのね。割り箸の割れ目に楊枝が乗ってることが原因なんだろうと思うけれど、そうでなくてもひっかかっていっしょに出てきちゃったりする。いつも箸袋の中に楊枝を残して割り箸を出そうとするんだけど、ずーーーーーーっと連敗中。

あとさ、使い終わった割り箸を箸袋に入れて捨てようとするとき。箸の先で押されて、袋を破って楊枝が出てきちゃうのもいや。

| | Commenti (1) | TrackBack (0)

giovedì, luglio 01, 2004

CAPTURED

ちょっとおもしろかったこと。

面白がってちゃいけないのだけど。Santa Barbara Country SHERIFF'S DEPARTMAENT の「Most Wanted」の写真を「ほう、誘拐かー。ほほぅ、イタズラかー」などと思いながら見ていたら、Reloadした瞬間におでこのところに赤字で「CAPTURED」ってでてきた。
Santa Barbara は今夕方の5時頃だから、『今日の成果ーー!』って感じなのかな。

それにしても、なんでこうもみんないかにもーな顔をしてるのかしらね…っていうのは先入観で見てるかしら。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« giugno 2004 | Principale | agosto 2004 »