« marzo 2003 | Principale | maggio 2003 »

lunedì, aprile 28, 2003

考えたこと2つ

今日はお墓参りに行ってきました。都心では散ってしまった八重桜も、高尾ではまだかろうじて咲いていて、満開の五月躑躅と、欅の若葉、すずらん、満天星などが太陽に照らされて本当にきれいでした。あたしたちは、「たねや」の柏もちとグレープフルーツを持参して、掃除の前に会館で腹ごしらえ。向かいに座ってた家族は、大きなタッパ(二段重ねのお重箱くらいの大きさの)に蓋までつまった赤飯と、同じく大きなタッパに入ったお煮しめ、きゅうりの浅漬けなんかをテーブルいっぱいに開いて団欒中でした。
で、ふと思ったのだけれど、これってハイキング気分?花見もかねて、大きなお弁当持って家族団欒。墓参りがこんなに楽しそうなのって、もしかして日本だけ?
もう一つ考えてたのは献花のことなんだけど、今回、限界いっぱいまで咲いたすごくきれいな花束を安く買ったのね。どうせ、誰かが見に来るわけでなし。つぼみがあっても咲ききらずに枯れてしまうわけだし、今日一番きれいならいいよね、ってことで。でさ、お墓の花入れに挿すじゃない?花入れはカネでできていて、真夏のような陽ざしに当たると、中の水はあっというまにぬるま湯になる。暑い陽と風に晒されて、ぬるま湯につかった華奢な花はみるみるうちに萎れてくる。花入れに挿されたその瞬間から、水切りされることもなく、水を替えてもらうこともなく直ちに萎れはじめるわけ。そうされるために売られていて、買われて、挿されたわけ。今を盛りに咲いている、一番きれいな花が。これってさー、なんとなく生贄のような気がしたのね。お供えは生贄。納得のいく話です。今日はそれをとても実感しました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì, aprile 18, 2003

メッセンジャー

すんごい久しぶりの友達から電話があった。今更なんでそんな話をするんだろうというネタをかなり引っ張った後に、「あのね、今度選挙があるでしょう。」という話でした。彼女の家は祖父の代から創価学会で、公明党を応援している。彼女が創価学会の信者だということには何の問題もない。応援してほしいと言われるのも(あたしが応援する、しないは別として)別にかまわん。ただ、何となく切ないのは、彼女がその話を切り出すときにいつもすごく躊躇ってること。だけど、なんとか伝えようと、いつ切り出そうかと一生懸命になっていること。まるで、良い子でいるために必死で言いつけを守ろうとする子供みたいに、彼女は私に自分の言いたいことを伝えるためだけに、私の前にいる。なんとかラクにしてあげたくって、「うん、わかったよ。考えておく」って答えるとほっとした顔をしてさよならを言う。
宗教を信じることは(道理にあった宗教なら…)別に構わない。信じる宗教を人に説くことも、(まぁ、場合によるけれど)構わないと思う。宗教は抜きにして、信じる政党を勧めるのも、気持ちはわかる。でも、彼女は何がしたいんだろう。何を得られるのかしら?初めてあたしに選挙のお知らせをしたとき、あたしに渡した候補者のちらしを見つめながら、「よかった、とっても言い出しにくかったの」と小さな声で言った。でもそのとき思った。この子は今こんなに苦しんであたしに伝えたけど、歳を追うごとに、慣れて、勧めることに疑問を感じなくなるんだろうな、と。ま、そーなるかどうかは知らない。けど、そうなるでしょう、たぶん。あたしはもう少しだけ、彼女に疑問を感じててほしいのね。絶対に嫌いになったりしないから。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica, aprile 13, 2003

イタリア語

イタリア語はじめたんだけどさ。この4月から。結構話せるようになる気マンマンだったのだけれど。
今日辞書と文法書を買ってきて愕然としました。認識が甘かったです。。ちょっと後悔ぎみ。だってさ、さっそく歌詞を訳そうと思って辞書開くじゃない?ほとんどでてないんだもん。なんでかって?歌詞の中の単語はたいてい複数だの人称だの性だので活用してるから。しかも原型わかんないし。ぶぅぶぅ。ま、そのために文法書買ったわけだけれど。ぶぅぶぅぶぅ。
でもいまさらあとには引けないです。引かないです。第一外国語になるようにがんばります。。。(注:英語はどうした、とか、中国語は?とかは聞かないように)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì, aprile 10, 2003

花見2


今日は代休だったので、母上と花見。2週前で2分咲きだったから、もう無理かしらと思っていたのだけれど、意外とまだいけました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì, aprile 09, 2003

イノチ

スチール缶の熱伝導率と液体の伝導率の違いだ、なんてことは説明されるまでもなくわかってるんだけれど。缶コーヒーを飲んでいるといつも思うの。中身が残っている缶って、残っている量がどれだけちょびっとでもなかなか冷たくならない。だけど、それを飲み干してしまうと、一瞬で缶は冷たくなる。そんな時、あ、イノチが抜けた、って。中の液体が、缶自体の保温をしてるからだよね。そんなことはわかってる。だけれど、飲み干して冷たくなった缶は、全身を血液がめぐらなくなると同時に冷たくなる、ヒトのからだに似てると思う。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica, aprile 06, 2003

占い

人には、優し過ぎるくらいで、ちょうどかもとことんクールな性格が弱点に。もし、あなたが落ち込んでいた場合、周囲に絶対にやってほしくないのが、情緒的なリアクションです。「泣きたい時は、思いっきり泣けばいいのよ」「どんな気持ちでも、受け止めてあげるから」なんて言われたら、根がクールなあなたは、思わず興醒め。「こんな時は、何も言わずにそっとしておいてくれる方がいいのに」というのが、正直な思いでしょう。そう、実はここにあなたの弱点がありました。常に冷静なあなたは、他人も自分と同じだと思ってしまいがち。しかしこういう時、人は温もりを求めるのでは。それに気付かないままでいると、「冷たい人」と、レッテルを貼られてしまいます。
久々にグッとくる占いでした・・・。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì, aprile 04, 2003

新曲、うれしいですね

新年度が始まりました。新学期が始まりました。あたしは年度をまたいで落し物をしたり、景気はわるかったり、戦争はもっとひどくなったり(まぁ、こっちは実生活には影響ないのだけれど)、恋もいまいちだったり、ってな感じで、かなり楽しんだエープリルフールのネタも書かずになんとなくDiaryを開く気になれないでいたのだけれど。
今日、楽譜が届きました。明日から練習する4曲のうちの2曲です。それからメールも届いてました。内容は、明日の練習内容、譜読みよろしくお願いします、旧譜も持ってくるように、、で、最後に

  新曲うれしいですね。では。

そう。ここのところ新しい曲をやってなくて、すごくすごくすごく!新しい楽譜が届くのが楽しみだったのです。今日あたしは、帰ったら楽譜が届いているであろうことを想像して、わくわくして、もじもじしちゃうくらい、楽しみだったのです。新曲うれしいですね!そうそう!
で、なんかものすごくうれしい気持ちになって、Diaryを書いてるのです。めちゃ単純・・・(笑)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

« marzo 2003 | Principale | maggio 2003 »