Principale | aprile 2003 »

lunedì, marzo 31, 2003

花見

多摩川の土手を花見。満開の木もあったけれど、ほとんどが 2 ~ 3分咲き。でもとってもきれいだった。一緒に歩いてた友人が、「桜折る馬鹿、梅折らぬ馬鹿」と言って、ふと学生時代に「フラ語取る馬鹿、チャイ語落とす馬鹿(難しいフランス語をわざわざ取る馬鹿と簡単な中国語を取って落とす馬鹿の意)」とか言ってた懐かしい話を思い出したり。河原に等間隔に植えてある雪柳の茂みで、雪のように花が満開の部分と咲いてない部分があるのを、「ケモノ道のせいで栄養状態に違いがあるんだ」とか言ってみたり(意味わかる?(笑))。ばかな話ばっかりして、たくさん笑った。
亡くなったおじさんが、桜と花火が大好きだったという話をお通夜のときに初めて聞いた。好きな桜を待たずに死ぬなんて、って。おじさん、あたしも桜、好きだよ。

ところであれって、、「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」じゃなかったっけ?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato, marzo 29, 2003

えび

久々にHOTNOODLE(はま塩)を食べた。具は、ねぎ、コーン、かに様かまぼこ、いか、ホタテ様かまぼこ。この間プロジェクトXで日清のカップヌードル誕生についてやっていたけれど、めっちゃ苦労してえびのフリーズドライを作ってた。技術的な問題だけじゃなくって、えびの種類でも上手く戻らなかったりきれいな色が出なかったりしたそうだ。たしかにこのホタテ様かまぼこはほどほどによくできてる。ホタテ食べてるみたいな食感だもの。でも、それがどうした。HOTNOODLEもCUPNOODLEも今となっては値段同じだぞ。えび食べたという満足感に比べ、所詮かまぼこ。いや、かまぼこをばかにするわけではないけど、くくるとかまぼこ部だ。どーなんだ、いったい。と思ったんだけど、結局食べ終わって、残るのは、「食べたいもの(→カップラーメン)を食べた」という満足感だけなのよね。えびだろうがかに様だろうがどーでもいいってことなのかしらね?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì, marzo 25, 2003

the guardian

おじさんが死んだ。家に帰りたくなかった。きっとmammyは泣いていて、そこにあたしが帰っても邪魔なだけだと思ったから。だらだらと会社で時間をつぶし、さらにだらだらと三茶まで歩いてくだり、帰り着いたらいつものmammyだった。おじさん、いつまでもあなたの公代ちゃんを見守っててください。よろしくお願いします。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì, marzo 24, 2003

革マル派とポルチーニのリゾット

渋谷を歩いてたら、革マル派のデモにあたった。ヘルメットに黒いサングラスと大きなマスクの人たちがぎゅぎゅぅっとつめて並んで、反戦のシュプレッヒコールを叫びながら小走りに進んでく様子は非日常で、警察の車も何台も出ていて、ちょっとものものしい感じだったのだけど、さらに新鮮だったのが警察の『ッ革マル派の諸君に告ぐッ!たくさんの市民が君たちのデモに協力してくれているッ!これ以上ほかの市民に迷惑をかけぬようっ、こころして行動しなさいっ』とかいう呼びかけ。同じひと、その瞬間前には、「えー、ただいまから革マル派のデモが通りますー。申し訳ありませんがー、警察の誘導に従って通行願いますぅ」とか言ってたの。ところで、革マル派ってなに?(→『日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派』らしい。こんなこと書いてたら、エンジンに拾われちゃうかしら…。ま、あたしは賛成でも反対でもないす。一応ね)

昼めしはポルチーニのリゾット。結構いけました。ロメインレタスのシーザーサラダとグレープフルーツジュースをあわせて。以下レシピ。

【2人分】
・米(研がない) ・・・1cup
・乾燥ポルチーニ ・・・20g
・玉ねぎ ・・・2/1~4/1コ
・にんにく ・・・1カケ
・スープ ・・・300cc
・白ワイン ・・・50~100cc
・パルメザンチーズ ・・・20g
・バター ・・・20g
・胡椒 ・・・適宜

1.軽く洗ったポルチーニを300ccのぬるま湯で戻す(20分)。戻したポルチーニは、粗みじんに。戻し汁は捨てない。
2.玉ねぎとにんにくをみじん切りにする。
3.玉ねぎにんにくをバターで炒める。玉ねぎが透き通ったら、米とポルチーニを加え、米が透き通るまで炒める。
4.ワインを加え、アルコールを飛ばす。
5.ポルチーニの戻し汁とスープを加え、ひたひたより水が少なくなるまで煮る。アルデンテに注意。
6.塩・胡椒で味を調え、火を止める直前にチーズを加えて出来上がり。
※好みで生ハムを加えたり、パセリをちらしても美味


 ■ 革マル派(警視庁)

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì, marzo 21, 2003

atack began

戦争がはじまりました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì, marzo 19, 2003

せつない?

『理由もなく切なくなる夜に読む本』『切ない・・・』『「好き。」の精神分析―どうして彼女は恋で苦しむのか』・・・。救ってあげますよぅアピールバリバリのタイトルに目がとまり、読めばヒントがみつかるかな、読んだら楽になれるかも、なれるわけないな。いや、手にもとってないんだけど。
本屋に行くと(行った目的は別なんだけど)そういう本が並んでて、うぅん、きっと無理。と思って目をそらす。きっと救ってくれるとしたら、ぜんぜん別の本。わたしの切ない気持ちをずぅっとなぞっても果てはないし、だれかのヒントを受け入れたり、そこから何かを得られるような余裕もないんだな。だって、すごく単純なのよ。好きか嫌いかしかないじゃない。いや、好きか嫌いかどーでもいいか。でしょ。すっごく簡単。枝や分かれ道がたくさんあって、そこから抜け出せなくなっちゃってるなら、誰かの助けを借りなきゃいけないかもしれない。だけど、こんな簡単な三叉路で、しかも選ぶ道は一本なのにどーにもならなくなっちゃうなんて、情けない。そういうわけで、布団をぎゅっとかぶって、ちいちゃく丸くなって、眠るのです。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

martedì, marzo 18, 2003

つかれたよ

ま、あたしが悪いんだけど。
社内LANはまったく使えないし。なんちゅー会社だ。とゆーか普通の会社ならともかく、ISPとしてこれは情けなすぎじゃないか???つーかサービス的にもシステム的にも営業的にもサポート的にも、やばすぎないか?とずーっとひそかに思ってたのだけど、、それがみんなの共通認識だとまでは思ってなかったよ。まじで情けなすぎないか?なんとかしようよ、ねぇ?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

venerdì, marzo 14, 2003

ぐるぐるる

やっぱり好きなんだな。どうしたらいいのかな。

ところでこのページ、スクロールすると静止状態と色が違うのね。。。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

giovedì, marzo 13, 2003

おっと

発見。”夏場の訴求力をアップ”らしい。海洋深層水増量でミネラル量アップね。そか、ナトリウム増量だと、夏場に汗をかいたときなんかもいいか。スポーツ飲料に対抗できたりとかするのか。やるな、天然ミネラル麦茶。

 ■ 伊藤園 NEWS RELEASE

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì, marzo 12, 2003

夏仕様?

あたしは茶のみで、500mlのペットボトルをちまちま(?)買っていると高くつくので、職場では2Lのペットボトルを常備してガブガブ飲んでいる。最近は会社の近くのポロロッカ食品館で伊藤園の『天然ミネラル麦茶』が安いので(2リットル \198ナリ)もっぱら麦茶なのだけれど、今日買いに行ったら麦茶のパッケージがリニューアルされてたの!こんな感じ(左が夏。右、減っててごめん →)。
一言で言うと、夏仕様というか春仕様というか・・氷が入ってより涼やかになったんだけどよくみると細かいところもいろいろ違う。
まず、「無香料・無着色」の文字が入った。以前から無香料・無着色だったと思うけれど、よりアピールッ!って感じなのかしら。で、「むぎ茶」の書体が違う。これはよくなったのかどうか不明。さらに、「原材料」の順番が変わった。前は「大麦、麦芽、海洋深層水、乳化剤、ビタミンC」だったのが「大麦、海洋深層水、麦芽、ビタミンC、乳化剤」の順。それぞれがどう働きかけてるのかよくわからないだけに、なんとなく想像をかきたてられるわね。特に乳化剤。何をどうしてくれるわけ?誰か教えて。ビタミンCが増量したのは、酸化防止ということで夏仕様の変化かしら。さらに「成分表」を見る。驚いたのが「ナトリウム」0.6mg→6.0mg。10倍だよ。これも夏仕様かしら。「カリウム」12.5mg→14mgはわかるわね。マグネシウム・カリウムは天然ミネラル麦茶のウリだから。たぶんね(笑)
ということで職場でチロリ~ン♪と写真を撮ってたら笑われた。

 ■ 伊藤園 http://www.itoen.co.jp/

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

domenica, marzo 09, 2003

ミサワヒラク

「俺は片足がないし、片足がないのが俺だし、俺に両足があったらおかしいし、片足がないからできないことがあるとは思わないし・・・」。
友人涼平(字違ったらごめん)「ヒラクを助けるシフトとか考えたし、だから困ったことはないし、野球は1人でやるもんじゃないし、9人でやるもんだし。」
二人ともそんな当たり前のことをわざわざ言わせんなよ、って感じ。こいつらすげーよ。ごめんね。ありがとう。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

sabato, marzo 08, 2003

マイケル

あたしはマイケルを信じる。マイケルはとても純粋で正直で普通な人だった。で、きっと普通じゃない部分もあるんだと思う。でもそれは誰にでもあることで、どんなに普通な人でもほかの人には理解できないところを持っているでしょう。
なにか特別な弁護をしようとしているわけではないし、マイケルのことも理解できないことが多い。マイケルの音楽にも興味はない。だけど、あたしがあたしの友人や家族を全部は理解できなくて、だけれども信じてるように、信じていい人だと思った。それだけ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

Principale | aprile 2003 »