sabato, ottobre 07, 2006

漂流脱出ゲーム3

補足

(グループ決定のためのルール)
グループ決定の実習として、コンセンサスの方法を用いて下さい。すなわち、生存するために重要と思われる品目の各々について、グループの各メンバーが同意して初めて、グループとしての順位づけができあがるわけです。全員同意は勿論容易ではありません。従って、すべての順位か各人の完全な賛同を得ることはできないかもしれません。しかし、グループとしては、できる限り、グループ全員が少なくともある程度の同意を示し得るための若干の指針を記します。

1.答えは原則として、全員一致で決定すること、一人でも賛成できない人がいたら、グループとして決定してはならない。
2.論争をさけるための理由だけで、安易な妥協をして、自分の答えを変更してはいけない。なんらかの納得のいく理由があれば、自分の答えを変えてもよい。
3.多数決で決めてはいけない。また、前のは譲ったのだから今度のは譲れというような取引をしてもいけない。
4.少数意見はグループにとって、決定する障害ではなく、むしろ、他のメンバーの気づかなかった観点を教えてくれている。というように、少数意見を大切に扱ってください。

------------------------------------------------------------
以上なのですが、全部オリジナルなのか、それともどこか手が加えられてるところがあるのか判断がつかないので、チラ見して著作権等に問題があるところがあったらお知らせください。ネットで検索すればチラホラ見つかったりはするのですがね。
昔の研修では、グループごとに話あって成果物(模造紙)を作成し、発表する。その過程で他者との関わり方を学び成果物が作成されるまでのプロセスを学ぶ、とかいう感じで、「正解」には拘らなかった気がします。もしかすると私の集中力が切れて、正解発表のところにいなかった(心ここにあらず)のかもしれませんが。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

漂流脱出ゲーム2

集団意思決定を効果的に行うためのゲーム
~船が沈没、ボートで生き延びるには~

(問題)
あなたたちは、ある旅行業者主催の「グアム船の旅」の参加者として二日前に横浜港を出港した客船A丸の同じ船室の気のあった仲間達です。
今朝の天気予報によれば低気圧が近づくため夜より明方頃まで会場は荒れ模様になるとのことでした。
夕食頃には、船の揺れも激しくなってきましたが、突然船尾船員室付近から出火し、その火が機関室そばの燃料油に引火し、またたくまに船内が煙と炎に包まれてしまい、船が傾きはじめ、沈没のおそれがでてきたため船内は大混乱になってしまいました。
あなたたちも夢中で甲板に出て救命ボートに飛び移りましたが、その後、三十分たらずで船は沈没してしまいました。
気がついてみると荒れた海の中であなたがただけがそのボートの中に生き残っていて、他のボートはどこにも見あたりませんでした。
落ち着きを取り戻した後、ボートの中の備品を点検したところ、約三日分の飲料水と非常食の他に次の十種類の品物が完全な状態で残っておりました。
あなたたちは、これから救助されるまでメンバー全員が生き延びるために必要、かつ重要と思われる物をその重要度に従って順位づけしてください。
なお、本船脱出前の船内緊急放送によれば、A丸が発信した遭難信号(SOS)を下田海上保安部がキャッチ、われわれの正確な位置を確認のうえ、海上保安庁の巡視船が救助のため出港したとともに本船より南東約百五十海里の地点にいた総トン数三,〇〇〇トンの貨物船が救助に来るとのことでした。
また本船の沈没時の船位は、近くの無人島(珊瑚礁)より西に約六十マイルの地点で、当時の天候は曇で風力七、風向きは西で波高五メートルぐらいでしたが、明朝には回復するだろうとのことでした。

1マイル=1.6093キロメートル
1海里=1.852キロメートル

そしてこんな紙が配布されます。

Photo

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

漂流脱出ゲーム

部屋の整理をしていたら、昔の会社の懐かしい研修資料が出てきた。意味もわからずトラントランと書きまくったCOBOLのプログラム。マナー講習を兼ねて毎日のように書かされた作文。そして漂流脱出ゲーム。
これ、社員研修といえば漂流脱出ゲーム、というほど私の中では強烈な記憶を残していてかつ有名なんじゃないかと思うのだけれど、ことあるごとに思い出して人に説明してもイマイチ通じないというもの。

ということでせっかくなので、ここに残しておこうと思います。といってもこのblogがいつまであるかはなぞですが。

| | Commenti (1) | TrackBack (0)

martedì, settembre 05, 2006

貧乏性

だなぁと思う瞬間。
文書を作成してて、下位の項番を振るときのインデントが勿体無くて入れられない。
上下をきっちり揃えるためにはあと一個、字下げしなきゃいけないのはわかってるんだけど、一字分くらい飛び出ててもいいかなーという迷いで手が止まる。だって、項番が下がるたびにどんどん字下げしていったらどんどん幅が狭くなって、縦に長い文書になるわけじゃない。たくさんスクロールしなくちゃいけないし、印刷したら紙もたくさん必要になるし。
それでも結局字下げするから、迷うだけ時間の無駄なんだけど、だめなんだよね。

| | Commenti (1) | TrackBack (0)

giovedì, agosto 17, 2006

みやげ話

天保山マーケットプレイスのお土産やさんで。
会社へのお土産を買うために並んでいたら、レジのおっちゃんが前の女の子に「このボールペンは入ったばかりの一番の新作やで」。
私が抱えてたおこしを渡したら、「このおこしは戎大黒のんですからどこに持っていってもはずかしくないですよ」
相方には、「このクッキー、普通は小さい箱しか置かないんやけど、おいしいから大きい箱入れたんですよ。喜ばれますよー」

さすが大阪だなぁ。という感想は安直なのかしら。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

mercoledì, giugno 07, 2006

発想の転換

おうちのパソコンで。
前々からあぶないとは思ってたのだけれど、昨日ついにポコっと「HDD空きが少ない」旨のエラーが出た。確認したら 168MBしかなかった。
仕方がないので、いらないものも、いらないかどうかわからないものも端から削除したのだけれど、途中で作業を間違えたらしく、またまたポコっとエラーが出た。真っ青のまる。空きが 0MBでした。削除したつもりでコピーしちゃったみたい。

なんてことをしつつ、じゃんじゃん消して、それでもあまり空きが増えないので、Becky!の会社のメールボックスの中のフォルダを2つほど削除してみた。 5GB増えた。会社のメールボックス自体を削除したら、確実にあと 10GBは増える。

HD増設とかPC買い替えとかあまりお金使いたくないしなぁ、なんて考えてだましだまし使って来たのだけれど、仕事を辞めるってテもありか。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

lunedì, maggio 29, 2006

イカリ再燃

ちょっとしたランドマーク、だ?

ランドマークという言葉にここ数年少し敏感になっています。ランドマークってなに?ランドマークって誰のためのものなわけ?
あんたたちそこに必要なの?それが、ランドマークに、なるの?
ものはよく考えてから言いなさい。考える頭がないなら辞書ひいてから口をききなさい。

そして、通りのいい言葉でなくて、あなたたちの私利私欲をそのまま表現しなさい。それを私に聞かせなさい。
そしたら、許してあげる。
かも。

| | Commenti (1) | TrackBack (0)

sabato, maggio 27, 2006

モーツァルト生誕200年

モーツァルトって1月27日生まれだったのね。

少し前のことだけど、
「こぶしの花の咲くころに来てください」と誘われて、茨城県笠間市まで行ってきました。
招待してくださったのは、昨年のスイス旅行で知り合った「先生」とあき子さん。四月の笠間はまだ寒くて、こぶしは数えるほどしか咲いていなかったのだけれど、ノルウェーからの輸入建築の小屋は暖炉に火が入り、あき子さんの手料理や心尽くしのおもてなしでとても温かく楽しい時間を過ごしました。

で、帰る間際に、以前から気になっていたことを聞いてみた。先生はモーツァルトの大ファンで、モーツァルトの全集をお持ちとのこと。いつも自慢げに「全集を買ったんだよ、モーツァルトの全部の曲が入ってるんだ」とおっしゃっていたので。
「いったいどこで聴いていらっしゃるのですか?」「どの曲が一番お好きですか?」「どのCDをよく聞くのですか?」 どうも話が噛み合わない。先生のお耳が遠いからかな?
「では、その全集はどこにあるのですか?」

先生はうれしそうに部屋の隅に連れて行ってくれました。作りつけられた棚に積み上げられていたのは・・・「レコード?」ではなくモーツァルトの全スコア集。ピアノもヴァイオリンもコンツェルトでも。
先生、これもしかして全部楽譜ですか??
「そうですよ。生誕200年記念で発売されたのを買ったんだ」

生誕200年て、50年前ですよ。と言ったら、うふぅふぅ、とうれしそうに笑ってたけど、先生の50年は(振り返ると)あっという間だったのに違いない。来年こぶしが咲くころにまた呼んでくださいね、と言ったら、「来年の話をすると鬼が笑うといいますけどね、たまにはいいですね」と笑って答えてくださいました。
来年のこぶしが咲く頃には先生は99歳です。

なんてことを、友人とチャットで話しながら思い出しました。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

«反射神経